戦後65年

中国のステルレス戦闘機が開発を終えたそうでその写真がIZAに載っていました。
やはり形は米国のステルレス戦闘機に似ています。 
まず形から入れの」理屈通りそっくりです。 やはり形状はレーダー電波の反射に関係するのでしょうか
注目したいのは武力開発を中国は少しも手を緩めていないという事です。
着々とそして少しづつ米国に追いついています。
ソ連からライセンス生産でノウハウを取得しておなじ型の兵器を安く生産して今や武器輸出大国になりました。
日本はまだ武器輸出三原則とやらに自らを縛り、時代におおいに乗り遅れています。
日本の戦後が終るのは100年かかるのでしょうか。いまや戦後65年です。
一概に武器を持てば良いとは言いませんが、隣国の動きを見ていると心配になってしまいます。

この記事について

このページは、xgが2011年1月 7日 00:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今日は祖母の誕生日」です。

次の記事は「カメラを買うなら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.5