2015年2月アーカイブ

瞬きの回数が多い

瞬きの回数が多い時は緊張状態にあり、今ある現実から少し目をそらしたいという意思の表れなのだそうです。
ある特定の人を相手に起きる場合はその相手と目を合わせたくないという心理がそうさせているようです。
私は発表の場で瞬きが多くなっていました。
その時はとても緊張していると同時にその雰囲気から逃げ出したいという思いが瞬きに出ていたのですね。
瞬きが少なくなるとドライアイの危険もあるのでほどほどの回数の瞬きが理想的です。

禁煙治療

喫煙は体に害をもたらします。ニコチンは中毒性があり、タバコが止められない依存症になっている方も多くいます。
私の知り合いもタバコを止めることができません。自分の体にも悪いし、家族にも副流煙で悪い影響が出ると知っていますが、やはり止められないのです。
出来るだけ量を減らそうとしたようですが、イライラして無理だといいます。
今は健康保険適用の医療機関でも禁煙治療を行っている所があります。
本人にタバコを止める意思があれば止めることができるようです。治療には貼り薬と飲み薬があるそうです。
残念ながら知り合いには止める意思がないようで家族が嘆いていました。
病気になってからでは遅いのでやめるまでいかなくても量を減らすことが出来るといいのにと家族は言っていました。

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.5