瞬きの回数が多い

瞬きの回数が多い時は緊張状態にあり、今ある現実から少し目をそらしたいという意思の表れなのだそうです。
ある特定の人を相手に起きる場合はその相手と目を合わせたくないという心理がそうさせているようです。
私は発表の場で瞬きが多くなっていました。
その時はとても緊張していると同時にその雰囲気から逃げ出したいという思いが瞬きに出ていたのですね。
瞬きが少なくなるとドライアイの危険もあるのでほどほどの回数の瞬きが理想的です。

この記事について

このページは、xgが2015年2月21日 09:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「禁煙治療」です。

次の記事は「手縫いとミシン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.5