不溶性食物繊維豊富なキャベツを食べて便秘解消

便秘がちだと身体が重く、お腹が張って苦しくなったり、肥満の原因にもなります。
便秘を解消するには野菜を多く摂った方がよいと言われており、中でも不溶性食物繊維を多く含んだキャベツが便秘に効果的とされています。
不溶性食物繊維が豊富なものは他にはさつまいもなどがよく知られています。
水溶性の食物繊維を含んだものと違い、食べることで便の量が増え、腸内細菌を活発にしてぜん動運動を促します。
ただし、バランスも重要で腸の動きが悪い人がキャベツばかりを食べると便秘が悪化してしまうこともあり得ます。
そのため、水溶性食物繊維豊富なワカメなどの海藻類やイチゴなども一緒に摂るのが効果的です。
食前に野菜を食べると糖質の吸収を抑えることが出来るのでキャベツはオススメの野菜です。

この記事について

このページは、xgが2016年6月 7日 23:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「風邪を引くと長引く」です。

次の記事は「ガンと免疫力の関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.5