中国での結婚式を終えて

八月も終わりに近づいて、虫の音がセミの音に代わるような季節になってきました。
昨日は結婚式がハルピンで終わったクリーニング屋さんが新潟空港に帰ってきました。
帰国出口に迎えにでていると、ゲートをからキョロキョロしています。
「やあ あなたが迎えにきていると思って」
同行した妻はまだ中国に残っていて彼一人で帰国してきました。
空港の喫茶店に行って結婚式の模様を聞きます。
「緊張しちゃって 腹を壊して何も食べてないし寝てないんですよ」
「披露宴で吐き気がして途中退席して」
と神経過敏な事を言います。
「妻になった女性のたばこで目まいがするんですよ」
「化粧品の匂いも耐えられなくて」
「それで無事やることはやりましたか?」
「ええ まあ?」
女性は40歳165?、保育士をしています。
かなりの美人でクリーニング屋さんにとっては儲けもの組み合わせだったのですが、あまりの過敏症でこれから先がおもいやられました。
でもた結婚相談所はお客さんの生活指導するところではないので黙ってました。
相談所は淡々と良い女性を紹介するのみです。今日は責任を果たしてホットしています。
もう九月になり結婚シーズン到来です。

タイトルとURLをコピーしました